料理が簡単になる便利な器具

料理が楽しくなる魔法の器具たち

料理をする理由ってなんだろう

下ごしらえの王者「フードプロセッサー」

フードプロセッサーは、食材を切る、刻む、混ぜる、おろす、砕く、といった作業を短時間で、しかも大量に行うことのできる電気調理器具です。
簡単に使いこなせるうえ、時間短縮にも役立ちます。
また取り付ける刃を替えることで、クッキーやハンバーグなどの捏ねる必要のある生地やすり身、大根おろし、パン粉、ジュースなど様々なものが作れます。
また各種食材のみじん切りもこれでこなせるので、これまで玉ねぎに泣かされてきた方には朗報と言えるのではないでしょうか。
使った後のメンテナンスは確かに必要ですが、それを考えたとしても便利で使い勝手の良い調理器具です。
調理器具の登竜門として、また料理初心者の方の頼もしい相棒として、ぜひお薦めしたい器具です。

痒いところに手が届く「ハンドブレンダー」

フードプロセッサーほどの量を調理されない方であれば、ぜひハンドブレンダーをお薦めします。
ハンドブレンダーとは、スティック状の本体の先端にブレードがついた、食材をつぶしたり混ぜたりするための器機です。
簡単な泡立てといった用途にも使えますので、活躍幅が広いのが魅力です。
また、ハンドミキサーとほとんど重さも変わりませんし、持ち運びに便利な形状なのがとてもありがたいです。
鍋の中にある食材をなにかに移すことなくそのままつぶしたりもできるのがハンドブレンダーの強みです。
ただやはり軽量な器機ですので、フードプロセッサーよりは処理できる量が少なめです。
ですのでこのふたつを状況によって使い分けるか、自分のライフスタイルにあった方を選ぶのが賢い用い方です。